上原[Kanbara]

上原吊り橋

<地域の概要と取り組みについて>

現在戸数は56世帯、105人が暮らす、高齢化率56.2%の水源の里集落「上原」地区は、山陰本線「JR山家駅」を玄関口とした由良川沿いの集落です。

JR山家駅を中心に、カヌー体験や就農体験を通した都市交流や、地元農産物を使った多様な加工品の開発にも取り組んでおり、特産品(漬物やジャム、羊かんなど)の生産、販売を行っています。営農組織も活発で、団体や個人、年齢や性別などに捉われず集落活性化に向けて積極的にチャレンジしています。

かんばら事業

事業計画

ラフティング

カヌー・ラフティング体験

四季の里かんばら

四季の里かんばらの商品

四季の里かんばら工房

四季の里かんばら工房

かんばら弁当作り

地元の行事用に弁当を製作《四季の里かんばら》

綾部市

〒623-1122 京都府綾部市
八津合町上荒木5番地
上林いきいきセンター
TEL:0773-54-0095
FAX:0773-54-0096
E-mail
teijyutiiki@city.ayabe.lg.jp