水源の里集落とは

綾部市は平成18年度より、過疎・高齢化が進行しコミュニティの維持が困難となっている5集落(市茅野・大唐内・栃・古屋・市志)を対象に、集落の課題把握や解決策の検討を始めました。

平成19年度には水源の里条例(5年間の時限条例)を施行。4つの振興目標を柱に、具体的な振興策を展開しています。

1. 定住促進(定住支援補助金の整備や定住促進住宅の建設)
2. 都市との交流(オーナー園制度やボランティア活動を通した都市住民との交流)
3. 地域産業の開発と育成(住民主体で、特産品開発・販売)
4. 地域の暮らしの向上(光通信の整備など、生活基盤の整備)

ふるさとボランティア老富もちつくり

【第2期水源の里条例施行(平成24年度~28年度)】

5年間の取り組みを踏まえ、平成24年度に新・水源の里条例(5年間の時限条例)を施行。対象集落を56に拡大し、集落からの申請を受けて指定する指定申請制度を導入しました。

【第3期水源の里条例施行(平成29年度~38年度)】

創設期の第1期、拡大期の第2期、そして平成29年度、発展期となる第3期水源の里条例(10年間の時限条例)を施行しました。第3期条例では、複数の水源の里集落や外部団体との連携推進のほか、定住促進に向けた取組を強化し、更なる水源の里振興を目指します。

※条例の詳細は、新・水源の里条例(綾部市HP)をご覧ください。

【水源の里集落数の推移】

平成24年度:9集落

平成25年度:12集落(3集落増)

平成26年度:14集落(2集落増)

平成29年度:16集落(2集落増)

綾部市

〒623-1122 京都府綾部市
八津合町上荒木5番地
上林いきいきセンター
TEL:0773-54-0095
FAX:0773-54-0096
E-mail
teijyutiiki@city.ayabe.lg.jp